節分

~~ おはようございます ~~


今日の大阪は、曇のち雨やそうです。
予想最高気温は10℃です。


そんないまいちな天気ですが、季節の節目の節分で

恵方に向かって巻き寿司をまるかぶりする日です。

この恵方巻きは関西の習慣やそうで、今では全国的になってきているそうですが

それはコンビニが仕掛けた・・・て言うから驚きですよね~~


恵方巻きの語源と由来

恵方巻きの「恵方」は陰陽道でその年の干支によって定められた最も良いとされる方角のことで、その方向に歳徳神(さいとくじん)がいるといわれている。
その恵方に向かって「巻き寿司」を食べることから「恵方巻き」や「恵方寿司」と呼ばれるようになった。
恵方巻きは、目を閉じて願い事を思い浮かべながら、恵方(今年は東北東)に向かって無言で一本丸ごとの海苔巻きを丸かぶりすることから、「丸かぶり寿司」や「丸かじり寿司」とも呼ぶ。
巻き寿司を切らずに一本丸ごと食べるのは「縁を切らない」という意味がこめられており、七福神にちなんで、かんぴょう・きゅうり・伊達巻・うなぎ等7種類の具材が入れられ、「福を巻き込む」という願いも込められている。
恵方巻きの起源は、江戸時代末期、大阪の船場で商売繁盛の祈願を風習として始まったものといわれるが、正確な起源は未詳。
この風習は一時廃れたが、1970年代後半に大阪海苔問屋協同組合が道頓堀で行ったイベントによって復活し、関西地方では一般的な風習となった。
1990年代前半には、一部のスーパー、1990年代後半には一部のコンビニで全国販売されるようになり、2003年~2004年には全国のスーパー・コンビニで販売され大きく宣伝されたことから、節分に恵方巻きを食べる風習は急速に全国に広まっていった。


「語源由来辞典」より


なんだか、関西発が全国に広まった・・・て言うのが嬉しいじゃないですか。

ある意味主婦は楽が出来るから広まった・・・ていうのもあるみたいですけどね・・・

うちでは、恵方巻きと豆を年の数だけ食べる予定です。。。
(子供は年の数以上に食べてたりしますけどね~)



「平八亭・いもたこなんきん」は
恵方巻きはメニューにありませんが、お寿司はあるので
是非、食べに来て下さいね!!


以前にもブログに載せましたが、

「平八亭 京橋別館」

日祝 お寿司半額!!



ぽちとお願いいたします<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
富士山の時計
ブログ内検索
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
RSSフィード
QRコード
QRコード
Flashリバーシ
by Orfeon
80くんの館
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ

クリックでエサをあげられます